腸閉塞 症状 原因 治療

腸閉塞の症状と原因、治療について

 『腸閉塞』という病気を知っているでしょうか。
 別名、『イレウス』とも呼ばれています。

 

 腸閉塞とは、その文字通り、腸が部分的に狭くなったり、蠕動運動などが弱くなって食べ物のカスなどが詰まってしまう状態です。
 それによって、お腹が膨れ、痛みや吐き気などが生じてくるようになります。

 

スポンサーリンク

 

 通常は、腸の動きによって消化された食べ物が肛門方向へと押し出されていくのですが、途中の通り道が狭かったりするとそこで止まってしまい腸が塞がってしまいます。

 

 すると、腸が膨れだし、激しい痛みや吐き気、嘔吐などを繰り返すようになります。
 詰まったままでいると、やがて腸管が破れて内容物が内蔵へ流れだし、命の危険に晒されるようになります。

 

 そのため、腸閉塞になったら、一刻も早く処置をしないといけません。
 しばらく様子を見てから、などと悠長なことを言っていると、そのまま逝ってしまうかもしれません。

 

 腸閉塞には、「機械的腸閉塞」「機能的腸閉塞」があります。

 

機械的腸閉塞

 機械的腸閉塞は、大腸が捻れてしまったり、大腸に腫瘍などができて塞がってしまうものです。
 いわば、物理的に大腸内部が塞がれてしまう状態の腸閉塞です。

 

 さらに、単純性腸閉塞と複雑性腸閉塞とに分けられます。

 

スポンサーリンク

 

 手術などによって腸管がくっついてしまうのが、単純性腸閉塞になります。
 大腸がんなどの開腹手術では、腸が空気に触れるために癒着が起こるようになります。
 それによって、大腸が折れ曲がったり、捻れたりして塞がれてしまうようになります。

 

 腸捻転やヘルニアなどの病気が元で腸が塞がれてしまうのが、複雑性腸閉塞になります。
 腸が捻れると、血流が阻害され組織が壊死してしまうこともありとても危険です。
 激しい痛みや嘔吐がみられたら、救急車を要請して直ぐにでも病院へ行きましょう。

 

機能的腸閉塞

 機能的腸閉塞は、大腸の機能が低下することで蠕動運動が弱くなったり、停止したりして大腸が塞がってしまうものです。

 

 このような腸閉塞になったらどうしたらいいのでしょうか。
 腸閉塞では、自然に治るということは滅多にありません。

 

 このため、すぐにでも病院へ行って診てもらわなければいけません。
 緊急の場合には、救急車呼んででも病院へ行きましょう。

 

 病院では、その症状に応じた治療を行なうようになります。
 基本的には、薬物による保存療法になります。
 ただ、それでも効果がない場合や、機械的腸閉塞のように大腸の壊死の危険性がある場合には、手術による治療が行なわれます。

 

 次の記事はこちらです。
 老人に腸閉塞が多い理由とその症状は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。