腸の癒着 治療

腸の癒着を治療するには?

 

 

 腸の癒着と言えば、恐ろしいものだという印象があります。
 しかし、適切な治療を行えば、完治も不可能ではありません。

 

 では、どのような治療法が有効なのかと言えば、手術となります。
 これは程度がひどい場合に適応されるものです。

 

 腸の癒着が起きたときの症状としては、激しい腹痛、吐き気とそれに伴う嘔吐、癒着した部分が炎症を起こしていた場合は、発熱や悪寒を感じることもあります。
 これが起きる原因としては、以前に受けた手術の影響や強いストレスなどがあります。

 

 人体はメンタルによる影響をかなり受ける傾向にあるので、無理はしないことが肝要となります。
 このとき大切なのは、その原因を自覚することです。

 

 無理なスケジュールにより睡眠時間の確保すら難しく、それがストレスや疲労の原因になっているのなら、そこを改善するところから始めましょう。
 何をするにしても、健康な身体がないと難しいというのを予め認めておく必要があります。
 健康維持に努めるようにしましょう。

 

 

 

 腸の癒着は一度治った後も再発する恐れがあります。
 そのため、治療法としてはその後のケアも含めたものが必要になってきます。

 

 これは毎日同じ時間にトイレに入るようにして、排便習慣を身につけることから始めましょう。
 これは規則正しい生活を身につけることにもなるので、極めて有効です。

 

 食生活にも気を配るようにしましょう。
 脂っこいものばかり食べていると、便秘がよりひどくなるというのは、珍しくありません。
 このため、ヨーグルトに代表される乳製品、消化に良い豆腐などを中心としたメニューに切り替えるようにしましょう。

 

 適度な運動をすることも大切です。
 日頃から動く習慣をつけておけば、それが腸の蠕動運動を助けてくれます。

 

 いきなりハードなものを始めても後が続かないので、この場合は散歩やウォーキングでも構いません。
 無理のない範囲で、続けられるものをやるようにしましょう。

 

 このように、日頃の生活態度を見直すことは、腸だけでなく他の部分の働きを正常化することにも繋がります。

 

 次の記事はこちらです。
 腸閉塞の手術に伴うリスクとは?

 

 

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。