腸がねじれる 病気

腸がねじれる病気とは?

 

 

 人間の体内には、色々な臓器があります。
 胃や、肝臓、すい臓、肺、腸など、実に様々な臓器によって人間の体という物は構成されているのです。

 

 この臓器は、人種によって形状が違うこともあります。
 例えば、腸に着目してみると興味深いものがあります。

 

 それは、日本人の腸は他の国の方の腸とは異なっていて、とても長くなっているのです。
 これは、日本人の食文化も大きく影響しているとされています。

 

 日本人の腸は比較的長い傾向がありますので、食べ物を摂取した時には、腸に長く食物が留まっているということがあります。
 また、日本人の腸が長いということによって、病気としてよくあるのは、その長い腸がねじれるという病気があります。

 

 これは、大変な痛みを伴うことがあります。
 ですから、この腸がねじれる病気になってしまったら、経験したことのない痛みを感じてしまい、多くの人が不安になってしまうことが多いのです。
 しかし、この病気はよくある病気であり、過度の心配はいりません。

 

 

 

 腸がねじれるということは、聞いただけでも大ごとのように感じてしまう物です。
 実際に、痛みもかなり感じることが多くなっています。

 

 しかし、大腸がんなどのように生命の危機に関わるという重篤な病気とはまた違っています。
 このため、きちんと医師の診察を受けて、適切な対応を取ることでしっかりと元の健康な状態に戻ることは十分に可能です。

 

 腸がねじれてしまって、なかなか戻らない時には、病院で手術をするというケースもあります。
 しかし、それほど大掛かりな手術ではありませんので不安に思う必要はありませんし、術後の経過も良好なことが多いのです。
 また、手術が失敗してしまう、というような難しい手術でもありませんので、安心して手術を受けることができるのです。

 

 基本的に、腸がねじれるというのを腸閉塞といいます。
 この腸閉塞は、内科の医師や胃腸科の医師などが診察に詳しいので、内科や胃腸科を受診するようにするといいのです。
 大抵の総合病院には内科や胃腸科はありますので対応できます。

 

 次の記事はこちらです。
 大腸がんの末期では腸閉塞になりやすい?

 

 

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。