腸閉塞とは イレウス管 ガス

イレウス管でガスや消化物を吸引できる単純性腸閉塞とは?

 

 

 腹痛の原因で最も多いのは腹を下した場合です。
 食中毒や食あたりでは消化物の中に有害な物質が混じっているため、腸は早くそれらを排出しようとします。

 

 急激な蠕動運動が発生して腸に強い圧力がかかり、神経が影響を受けて腹痛につながるのです。
 この程度の蠕動運動でも痛みが発生するのですから、腸が詰まった場合の痛みはさらに強くなります。

 

 腸閉塞とはいろいろな原因で腸の一部が狭くなり、消化物が詰まってしまう病気です。
 先に進めなくなった消化物や消化液・ガスなどが詰まった個所に次々と溜まるため、腸が膨れ上がります。

 

 腸は自律神経によって支配され、意思と関係なく蠕動運動を行って消化物を先に進めようとします。
 腸の詰まった状態を治さないことには、この激しい痛みから解放されないのです。

 

 こうした腸閉塞が起きる原因はいろいろ考えられます。
 腸を手術した人は手術前と比べて腸の形が変わり、腸管が癒着したり捻れたりして消化物が詰まりやすくなります。

 

 手術したことがない人でも、腸が筋膜の隙間から外側へ飛び出す鼠径ヘルニアが原因で腸閉塞を起こすことがあります。
 飛び出した腸が元に戻らなくなり、筋膜で締めつけられる嵌頓状態になると詰まってしまうのです。

 

 単純性腸閉塞とは、腸が詰まっていながら血行障害が起きていない症状のことを言います。
 手術を行なうことはほとんどなく、絶食の上でいろいろな治療が行われます。
 イレウス管はそのうちの1つです。

 

 

 

 腸閉塞の中でも絞扼性腸閉塞とは、腸の血行障害が発生している状態のことを言います。
 この場合は放置していると腸が壊死を起こしますので、手術をして治さなければなりません。

 

 そのため腸閉塞が疑われるときは病院で検査を受けて、単純性か絞扼性かを調べてもらう必要があるのです。
 幸い単純性閉塞だった場合は、症状が軽けれればイレウス管を使うまでもなく治せることもあります。

 

 病院で治療を受ける間は絶食し、必要な水分と栄養分を点滴で補給しながら腸の回復を待つのです。
 なかなか回復できない場合や、当初から腹痛と腸の膨満が激しい場合はイレウス管を鼻または肛門から挿入します。

 

 イレウス管は鼻から腸まで到達するほど長い管で、先端にはバルーンが取り付けられています。
 腸の詰まった部分には消化物ばかりでなく消化液やガスが溜まって腸を圧迫していますが、イレウス管がそれらを吸引してくれます。

 

 腸に溜まったガスは、通常なら腸に吸収されたり肛門から排出されたりしています。
 腸閉塞を起こすとそうした機能も停滞してしまうので、イレウス管で吸引させなければならないのです。

 

 イレウス管を挿入して何日か経つと、腸に溜まっていたガスや消化液も減って圧力が下がってきます。
 やがて腸も正常な運動機能を取り戻し、閉塞状態が解消されていくものです。
 腸閉塞と言えば危険な病気というイメージもありますが、単純性閉塞なら手術をせずにこの方法で治療が可能なのです。

 

 次の記事はこちらです。
 腸閉塞の予防に効果的なのは運動なの?

 

 

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。