腸閉塞 症状 老人

老人に腸閉塞が多い理由とその症状は?

 老人に腸閉塞が多い理由は何なのでしょうか。
 また、その症状はどのようなものなのでしょうか。

 

 腸閉塞は、世代に関係なく発症する可能性があります。
 中でも老人に至っては発症する頻度が高く、高齢化の影響もあり患者数が増えてくるようになりました。

 

スポンサーリンク

 

 なぜ老人が腸閉塞になりやすいのかは、2つの理由があります。
 1つ目は、腸の活動が衰えてしまうためです。

 

 年を取ると体をあまり動かさなくなるので、筋力が低下してしまいます。
 そのために腸の蠕動運動が弱くなり、スムーズに働かなくなるのです。

 

 そのせいで便秘になりやすくなり、腸が詰まってしまいやすくなるというわけです。
 若い人には便秘が原因で腸閉塞になる人はあまりいませんが、老人になると多くなります。

 

 症状としては長期間便秘が続いてしまうので、お腹が張って痛みが出るようになります。
 この便秘の症状はとにかく年を取るほど多くなるため、気を付けなければいけません。

 

 2つ目の理由は、大腸がんによるものです。
 がんは高齢になるほどできやすく、腸の中に異物ができるために排便も上手くいかなくなります。

 

 大腸がんの症状には、細い便や血便が出る場合があります。
 しかし、腸閉塞になると腸が塞がれてしまうため、排便がほとんどなくなります。
 排便に異常が見られるときは、このようなことを疑っておいた方がいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 老人による腸閉塞の治療は、他の世代の人と一緒で絶飲食によって行われます。
 また、イレウス管を挿入する方法も同じで、それで症状が落ち着くようになるまで様子を見ていくことになります。

 

 ただし、他の世代の人と違うのが、開腹手術は極力避けられます。
 年齢的な理由で体力や免疫力の低下が見られ、開腹手術は体に大きな負担が伴うと予想されるからです。

 

 これは腸閉塞に限らず、年代が高いほど開腹手術をしない方向性で治療が行われる傾向があります。
 特に開腹手術をすると癒着を起こしてしまうリスクが出てしまう可能性が大きくなります。

 

 症状が回復するようになると、治療も終了です。
 しかし、老人の場合は再発率が高いために、今後はさらなる注意が必要です。

 

 今までの食生活を見直していくことや、腸の蠕動運動を促すために無理のない運動を習慣とするのも大切です。
 そして感覚が鈍くなっている分、症状に気づかない場合もあります。
 その場合も含めて、家族が普段の様子を見守っていく姿勢も求められます。

 

 次の記事はこちらです。
 腸閉塞の原因はストレスだった?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。