腸閉塞 予防 運動

腸閉塞の予防に効果的なのは運動なの?

スポンサーリンク

 

 腸閉塞を改善、予防していくには運動をすることが非常に効果的です。
 腸閉塞は、あまり体を動かさない人に発症しやすい病気です。

 

 運動をすると、代謝が上がるので血行が良くなっていくという効果があります。
 血行が良くなることによって、汗をかく量も増えていくので、老廃物が体内に溜まりにくい体にしていくことができます。

 

 そのため、腸閉塞の原因となる腸内の環境を改善するためにも効果的だと言えます。
 運動することで腸に溜まっている宿便を排出していく効果も期待できるので、より腸の流れをスムーズにしていくことができるのです。

 

 また、腸閉塞はストレスとも大きな関わりがあります。
 運動するでストレスを発散していくことでも、腸閉塞の予防となっていきます。

 

 日々のストレスをため込まないためにも定期的に運動することは非常に大切です。
 歩くことができなければ、ベッドの上でゴロゴロと寝返りを打つなど適度な運動を日頃から行うことでも腸閉塞を予防することができます。

 

スポンサーリンク

 

 腸閉塞は、腸が詰まって内容物が逆流してしまう病気なので、腸が詰まらないように食生活を変えていくことも予防に繋がります。

 

 ラーメンやトンカツ、唐揚げなどは脂っこい食べ物なので避けて下さい。
 イカやタコ、とうもろこし、ワカメ、昆布などは脂っこい食べ物ではないのですが、消化が悪いので控えた方が良いです。
 おかゆ、りんご、桃、ジャガイモなどの脂っこくなくて、消化が良い食べ物を積極的に摂ることが大切です。

 

 また、腸内環境を正常化させるのも予防のひとつです。
 正しい排便習慣を身につけるためには、腸内環境を整え理想的な状態を保つことが必要です。

 

 排便がされず腸内に便が残った状態が続くと悪玉菌は増殖するため、腸内環境が悪くなります。
 腸内の悪玉菌を増やすには、ヨーグルトなどの乳製品やキムチや漬物など乳酸菌が多く含まれた食べ物を意識して摂るようにしましょう。

 

 生活習慣を見直し、改善することで病気を予防できることがあります。

 

 次の記事はこちらです。
 腸閉塞になりやすい食事の注意点とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。