糞便性 イレウス 治療

糞便性イレウス!その治療と予防とは?

 糞便性イレウスの治療と予防は、どのようなものなのでしょうか。

 

 イレウスという病気のことを、皆さんはご存知でしょうか。
 腸閉塞とも呼ばれ、腸のねじれ、あるいは圧迫などが原因で起こるもので、胃や腸に食物や消化液が溜まって排出されない状態を指します。

 

スポンサーリンク

 

 症状としては、腹痛や吐き気、嘔吐を伴います。
 腹痛は疝痛といって、痛みの激しい時とそうでない時が交互にやってくるのが特徴です。

 

 また嘔吐は最初は胃液や胆汁が多いのですが、時間の経過に連れて腸の内容物が逆流したものが戻るようになります。
 イレウスにはいくつかの原因があり、主に開腹手術などで腸が癒着するとか、ヘルニアやがんなどで腸がねじれてしまうことにより発症するケースが多く見られます。

 

 治療方法は、保存的療法といって飲食を断ち、水分を補給して、腸内のものを管で外に出すのが一般的です。
 しかし、腸に栄養を送る血管が圧迫される「絞扼性イレウス」の場合は劇症であるため手術が行われます。

 

 また、中には便秘が原因で起こるものもあります。
 これを「糞便性イレウス」と呼びます。

 

 糞便性イレウスは、便秘が続くことによって硬い便が腸内にたまり、膨満感や腹痛が現れるようになるのが特徴です。

 

スポンサーリンク

 

 元々便秘気味の人が、お腹が張ってきたとかひどい腹痛がある、または吐き気がしたり、実際に嘔吐したりという場合にはこの病気が考えられます。
 早めに胃腸科や消化器科を受診して治療を受けましょう。

 

 治療方法は主に摘便や浣腸、あるいは下剤などで排便を促す方法が採られます。
 そのまま放っておくと、大腸に穴が開いて、手術を行わなければならないこともあります。

 

 また、腸内の細菌が繁殖し、それによって敗血症を起こすこともあります。
 そうなると大変危険ですので、まず糞便性ウイルスのもととなる便秘を予防するのが最善の方法です。

 

 そのためにはやはり水分や食物繊維をこまめに摂り、ヨーグルトや乳酸飲料、発酵食品などに含まれるビフィズス菌で腸内を活性化するようにしましょう。
 また香辛料やお酢などを適度に摂ると、脳が活性化されてお通じがスムーズになることがあります。

 

 次の記事はこちらです。
 大腸がんの手術後に腸閉塞になってしまうのは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。