腸閉塞 手術 リスク

腸閉塞の手術に伴うリスクとは?

スポンサーリンク
 

 

 腸の一部が狭くなってしまい激しい痛みや吐き気が起きたりしてしまう病気に腸閉塞があり、幅広い年齢層の間で発症するため注意する必要があります。
 腸閉塞は、機械性と複雑性の2つに分類することができます。

 

 機械性は、腸が捻れてしまったり腸管内部に腫瘍ができてしまっているため腸の部分が急激に狭くなってしまいます。
 複雑性は、腸重積・腸軸捻転・ヘルニア等によって腸の一部が圧迫されることにより腸の一部が狭くなってしまいます。

 

 主な症状としては腸の一部が狭くなってしまうため、内容物がその部分に詰まるため腹部が膨満してしまい激痛が起きたり、強弱の痛みが連鎖して起きて少し経てば症状が少し収まったりします。
 また、腸の部分に内容物が詰まってしまっているため、吐き気がおき嘔吐してしまうこともあります。

 

 嘔吐については症状が重くなると、汚物が吐き出された際に便のにおいがしてしまうこともあります。
 腸閉塞は症状が重くなる前に病院に行き専門的かつ高度な診療を受ける必要があります。

 

スポンサーリンク

 

 腸閉塞の検査を受ける場合には、胃腸科や消化器科で、ここには胃・小腸・大腸の病気に関しての専門知識や高度な医療技術を持つ専門医が常駐しています。
 専門医が常駐している科を受診すれば、しっかりとした精密検査や治療を受けることができます。

 

 腸閉塞の症状が重い場合や保存的治療では対処できない時には手術を行うことになるため、病院に入院することになります。
 手術については全身麻酔を行い原因となっている部分の周辺を開腹しながら、腫瘍の部分を摘出したり詰まっている部分を除去したりすることになります。

 

 他にも腹腔鏡下手術という方法があり、これは開腹手術を行わない方法で原因となっている近くに特殊な機器や道具を使い小さい穴を4か所また5か所開けそこにカメラや鉗子等を入れて治療していくようになります。

 

 腸閉塞の手術は開腹手術を行うことが多いためリスクもそれなりにあります。
 リスクではと、別の病気を発症してしまったり違う部分に腸閉塞を起こしたりしてしまうこともあります。
 そのため、手術を受ける際は医師と相談を行いながらリスクについても理解していく必要があります。

 

 次の記事はこちらです。 
 頻繁におならが出るのは腸閉塞かも?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。