腸閉塞 おなら 出る

頻繁におならが出るのは腸閉塞かも?

スポンサーリンク

 

 腸閉塞とは、食べ物や消化液などが小腸や大腸で滞ってしまい、お腹が張ったり、嘔吐や吐き気を伴う腹痛を起こしたりする病気です。

 

 腸の中の物が肛門に到達しないため、逆流して嘔吐してしまうこともあります。
 最初は白っぽい胃液、あるいは黄色みを帯びた胆汁が出ますが、時間が経つにつれて下痢便のようなものが出てきます。
 この場合はかなりの悪臭を伴います。

 

 また腹痛は疝痛と呼ばれるもので、激しいきりきりとした痛みが、断続的に起こります。

 

 腸閉塞の原因として考えられるのは、外から何らかの圧力が加わって腸がねじれる場合と、内部からの圧迫やねじれによるもののいずれかです。
 前者では、開腹手術によるものが多く、後者では、ヘルニアや大腸がん、そして便秘なども原因となることがあります。

 

 また、腸に酸素や栄養を送る血管を覆う腸間膜が圧迫されることで、腸閉塞を起こすこともあります。
 これを絞扼性腸閉塞と呼び、ショック状態に陥ることがあるため、早期の手術が必要になります。

 

スポンサーリンク

 

 絞扼性以外の場合は、保存的療法で治療が行われます。
 つまり胃腸を休め、水分を点滴などで補うようにします。

 

 またお腹の張りが強くなった場合には、管を通して胃腸の内容物を体外に排出します。
 張りがやわらいできて、元通りに便通がある、またはおならが出るようになれば全快です。

 

 ただし、腸のねじれなどはそのままですので、その後再発する可能性もあります。
 開腹手術はできれば避けた方がいいのですが、何度も腸閉塞を繰り返すような場合は外科的療法が採られることもあります。

 

 それから、おならが何度も出ることで、腸閉塞ではないかと心配する人もいるようです。
 しかしこの病気は、食べ物や内容物が排出されなくなるわけですから、便やおならが出るということは、既に腸閉塞の心配はないと考えていいわけです。

 

 ただストレスや睡眠不足でおならが出ることもありますし、また大腸がんに罹った場合は、おならがかなり臭くなることもありますので、頻繁に出るような場合は、そのような点にも注意しましょう。

 

 次の記事はこちらです。
 腸閉塞で入院!その費用はどれくらい?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。