腸閉塞 原因 ストレス

腸閉塞の原因はストレスだった?

スポンサーリンク

 

 腸閉塞という病気について、見聞きしたことのある人は多いでしょう。
 しかし、具体的にどのような病気なのかご存知でしょうか。

 

 この腸閉塞とはイレウスとも呼ばれ、食べ物や消化液が腸の中に溜まって滞り、時に腸から逆流して、嘔吐してしまうこともあります。
 腸閉塞は、開腹手術などで腸がねじれたり、圧迫されたりすることで起こりやすくなります。

 

 その他ヘルニアなどの病気や、腸が自然にねじれてしまう腸捻転、あるいは腸間膜といって、腸に酸素や栄養を送る血管を覆う膜がねじれるのも原因となります。
 特に腸間膜が圧迫されたり、ねじれたりした場合は絞扼性腸閉塞といい、早期の手術が必要になります。

 

 それから、大腸がんや便秘でも腸閉塞が起こることがあります。
 特に腸は自律神経の支配を受けるため、ストレスの影響をかなり大きく受けます。

 

 ですから、ストレスが原因で腸の病気を起こし、それが腸閉塞に至ることもあります。
 普段から軽い運動や生活習慣の改善などで、原因となるストレスを軽減するのも大事です。

 

スポンサーリンク

 

 腸閉塞の症状としては、まず腹痛と吐き気がします。
 腹痛は強い痛みの後少し治まり、また痛むという状態を繰り返します。
 これを疝痛といいます。
 お腹が張るのも特徴です。

 

 そして嘔吐物は、最初は白っぽい胃液や黄色い胆汁ですが、そのうち腸の中身を戻すようになります。
 これは下痢便のようなものでかなりの臭いを伴います。
 嘔吐の後は、一旦症状が治まることもあります。

 

 ただし絞扼性の場合は、激しい腹痛が続き、ショック状態になることが多いです。
 検査はX線、超音波、CTスキャンが行われ、絞扼性の場合はそのまま手術を行います。

 

 それ以外の場合は保存的療法で、飲食を断って点滴で水分を補給し、胃や腸の中の物を管で外に出します。
 便が元通りに出るようになる、あるいはおならが出るようになった時点で回復しますが、腸のねじれなどはそのまま残りますので、再発の可能性もあります。

 

 ただし開腹手術は、絞扼性などの場合、あるいは何度も繰り返して腸閉塞を起こす場合に限られます。
 開腹することで、腸のねじれがよりひどくなる可能性があるためです。

 

 次の記事はこちらです。
 腸閉塞の原因で最も多いのは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。