腸管 壊死 症状

腸管壊死の可能性がある腸閉塞の症状と治療法は?

スポンサーリンク

 

 人間は食物を摂取して栄養素や水分を吸収し、残された不要物を便として排出しています。
 こうした消化過程のどこかで異常が発生した場合、健康に大きな影響が及ぶことになります。

 

 中でも激しい腹痛を特徴とする腸閉塞は、悪化すると腸管が壊死する可能性があるので注意が必要です。
 腸閉塞はいろいろな原因で腸が詰まってしまい、消化物やガスがその先に進めなくなる病気です。

 

 腸閉塞は機械的閉塞と機能的閉塞の2つに大きく分けられ、機械的閉塞はさらに単純性と複雑性に分けられます。

 

 機能性閉塞には自律神経の異常によって腸の運動障害が生じる麻痺性と、薬物中毒や精神的原因による痙攣性の2種類があります。
 腸の手術が原因で腸壁が癒着したり、腫瘍が消化物の通り道を塞いだりすることが単純性腸閉塞の原因です。

 

 複雑性腸閉塞は絞扼性腸閉塞とも呼ばれ、腸管の血行障害を伴います。
 腸が壊死する危険性があるのは複雑性腸閉塞の方です。
 どちらのケースでも症状には激しい腹痛が避けられません。

 

 詰まった消化物が胃へと逆流することで、吐き気や嘔吐が生じることもあります。
 腹部の強い張りも症状の1つですので、疑われるようならできるだけ早く病院を受診する必要があります。

 

 特に複雑性腸閉塞の場合は腸管が捻れたり、ヘルニアが嵌頓を起こしたりしている可能性が高いものです。
 血行障害の状態が長引くと腸が壊死してしまうので、状態を改善させるための緊急手術も必要になります。

 

スポンサーリンク

 

 複雑性腸閉塞の手術では、腸管が壊死しているかどうかによって対処法が違ってきます。
 まだ壊死を起こしていない場合は血流を回復させるため、腸を締め付けている原因を改善させる方法が選択されます。

 

 腸が捻れている場合は捻れを解消させ、ヘルニア嵌頓を起こしている場合はその部分を除去するのです。
 腸管が壊死している場合はその部分をすべて取り除き、残された腸と腸をつなぎ合わせる手術を行ないます。

 

 熟練した外科医は上手に接合してくれるので、助かる見込みも高くなります。
 腸の詰まった状態さえ改善されれば、激しい腹痛や嘔吐といった症状も解消されるものです。

 

 症状がそこまで悪化していない場合なら、手術をせずに保存療法だけで治る可能性も十分にあります。
 鼻から胃管やイレウス管を挿入して腸の内容物を吸い出す治療はその代表的な例です。

 

 詰まっている内容物さえ取り出せば、消化物の流れも回復できることが多いのです。
 栄養物と水分は点滴で補給しますので、治るまでは絶飲絶食も欠かせません。

 

 腸閉塞が疑われる場合は腹部X線撮影やCTスキャンなどの検査が行われ、単純性や複雑性かを診断します。
 血流障害が発生しているかどうかを判断するために血液検査を行ない、血液中の白血球や細菌を調べることもあります。

 

 いずれもしても早く治療を受けるほど治る可能性が高くなりますので、激しい腹痛などの症状が発生したら病院を受診するといいでしょう。

 

 次の記事はこちらです。
 腸閉塞とイレウスとの違いとは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。