腸閉塞 原因 最多

腸閉塞の原因で最も多いのは?

スポンサーリンク

 

 腸閉塞は高齢者で発症してしまう人が多く、若い人でも少なくありません。
 腸が塞がってしまう症状で、そのために腸内に内容物が溜まってしまい腹部に激痛を伴うようになります。

 

 このような症状が起きてしまう原因は、いろいろな場合が挙げられます。
 その中でも大腸がんなどによる腸内の異物や、腸が他の臓器と密着してしまう状態が最も多くなります。

 

 この状態を機械的閉塞と言い、腸閉塞の9割に当てはまります。
 腸に大腸がんができてしまうと、腫瘍が大きかったりいくつも存在すれば、内容物の腸内での通りが悪くなってしまいます。

 

 大腸がんを発症した人は、同時に腸閉塞が発見される場合も少なくないのです。
 そして、腸が密着してしまう状態を癒着と言い、これは開腹手術によって引き起こされる可能性が高くなります。

 

 腸閉塞の原因で、癒着はよくあることであり、開腹手術の経験者では最も多く発症するようになります。
 このような原因を知っておけば、予防などを意識していくことができます。

 

スポンサーリンク

 

 原因の1つである大腸がんは、腸内環境の悪化や高齢化によってもできやすくなってしまいます。
 便秘が続いてしまう状態から、細い便が頻繁に出たり出血が見られる場合は大腸がんの可能性があります。

 

 この場合、できるだけ早くに発見することが大切です。
 初期であれば内視鏡にてがんを取り除く場合も多く、その段階では完治できる場合も多いです。

 

 開腹手術をしなくて済むため、癒着が起きずに腸閉塞の可能性を抑えてくれます。
 また、過去に何らかの開腹手術を受けたことのある人は、腸閉塞のリスクを把握する必要があります。

 

 癒着が腸に起きてしまうと、腸の働きが弱くなってくるため、便秘や下痢などの症状が現れてくるようになります。
 日頃から腸の状態を知るためにも、毎日の排便には注意を配らなければいけません。

 

 食べ物を食べてスムーズに排出する習慣はとても大切です。
 そのためにも、腸にいい生活を心がける必要があります。
 少しでも腸に異変を感じるようならば、早めに病院で検査してもらうようにしましょう。

 

 次の記事はこちらです。
 金属音とも言われるイレウス、どんな音が出るの? 

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。