イレウス 金属音 どんな音

金属音とも言われるイレウス、どんな音が出るの?

スポンサーリンク

 

 腸からは様々な音が出ると言われています。
 これは取り込んだ食べ物や消化液をそこに送り込むときに、蠕動運動をしているからです。
 そのため、どんな音がしているかで、その人の健康状態が分かるとも言われています。

 

 腸の蠕動音は通常ならば、グルグルあるいはゴロゴロという風にしか聞こえず、しかも5秒から15秒に一回はそれがしていると言われています。
 一方、腸管が麻痺している麻痺性イレウスでは、蠕動音が5分以上聞こえないとされています。

 

 お腹から普段そんなに音がすることはないと感じる人は多いのですが、これは専門医が患者の腹部に聴診器を当てると聞き取れるものだとされています。

 

 腸管の機能自体には何の問題も起きないとされている機械性イレウスだと腸の蠕動運動はむしろ亢進されます。
 その結果として、金属音とも称される音がするようになるのです。

 

 機械性イレウスだと腸管が膨張します。
 膨張したそこを水分が通過するとき、金属音がするようになるのです。

 

スポンサーリンク

 

 どんな音がしたらイレウスを疑えばよいのかは、先に説明したとおりです。
 では、音以外のサインはないのかと言えば、腹痛や吐き気、そして嘔吐があります。

 

 これは詰まっている便を排出することができないので、上から出してしまうのです。
 このため、嘔吐と金属音が重なった場合は、要注意となります。

 

 また、この病気は再発率が4割に達するというデータがあり、手術を受けて治ったと言っても油断は禁物です。
 再発を予防するためには、食生活を見直す必要があります。

 

 具体的に言えば、脂っこいものや食物繊維が豊富に含まれているものは、腸の中に居座ることが多いので、なるべく食べないようにしましょう。
 このため、野菜を食べる場合は、細かく刻むか、食物繊維を殆ど含んでいないものに火を通すようにするなど、工夫をする必要があります。

 

 自身の健康を保つためには、腸の状態に強い関心を持っておく必要があります。
 どんな音がしたら危険なサインなのかを覚えておくようにしましょう。

 

 次の記事はこちらです。
 腸閉塞で発見された大腸がんの余命は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。