大腸がん 腸閉塞 余命

腸閉塞で発見された大腸がんの余命は?

スポンサーリンク

 

 ある日突然腹部に激痛が走り、場合によっては便臭のする嘔吐も見られるのが腸閉塞の症状です。

 

 そうした症状は大腸が何らかの原因で塞がってしまい、消化物が進めなくなることから発生します。
 放置すると命にも関わりますから早急な治療が必要となります。

 

 腸閉塞が起きる原因の大半は、腸の手術後に起こりやすい腸壁の癒着にあります。
 人間の体は高度な修復力を持っているため、手術で切られた腸が傷跡を塞ごうとして周辺組織と融合してしまうのです。
 そうすると消化物の通り道も塞がれてしまい、消化物が周辺の神経を圧迫して激痛が発生します。

 

 腸閉塞の治療には保存療法と外科手術の2つがあります。
 保存療法では絶食する間に点滴で栄養補給し、腸の回復を促します。

 

 比較的軽症の場合はこの方法でも腸の詰まった状態が改善するものです。
 場合によっては鼻からチューブを入れて腸まで通し、詰まった消化物を吸い出す治療も行われます。

 

 保存療法でも効果が見られない場合に手術が実施されるのです。

 

 腸を手術した経験のない人でも腸閉塞を起こすことは考えられます。
 大腸で消化物が先に進めない原因があれば、腸壁が癒着しているのと同じ状態に陥るからです。

 

 重度の便秘で便が詰まることでも発症しますが、大腸がんが大きくなれば消化物が進めなくなります。
 大腸がんも粘膜にとどまっている段階なら内視鏡で切除は可能ですが、腸を詰まらせるほど大きくなっている場合は別の治療が必要です。

 

スポンサーリンク

 

 通常は腸閉塞を起こすほど大腸がんが巨大化している場合、他の臓器にも転移が生じている可能性が高いものです。
 がんの進行度で言えばステージ4に相当し、手術での治療が難しく余命宣告される例も少なくありません。

 

 この余命宣告も絶対的ではなく、あくまでもがんの標準治療では治すことが難しいという意味合いが強いと言えます。
 がん治療は医療機関による差が大きく、治療を受ける人の体力や遺伝子などの条件によっても成否が左右されます。

 

 大腸がんのステージ4と診断されて余命宣告を受けた患者でも、先進的な治療を受けることで奇跡的な回復を見た例は少なくないのです。
 大腸がんは肝臓や肺に転移しやすいがんですが、原発部位に加えて転移個所が限定されていれば手術も十分に可能です。

 

 腫瘍を手術で切除し、全身に点在する小さながん細胞を抗がん剤で減らす治療も行われています。
 放射線治療と免疫療法と併用すれば、手術できないほどがんが進行した症例でも治る可能性があるのです。

 

 腸閉塞をきっかけに末期の大腸がんが判明し、余命宣告を受けても諦めるのはまだ早いと言えます。
 他の臓器に発生したがんと比べても大腸がんは、治療の可能性が比較的多く残されています。

 

 がん治療を専門に行っている病院には、他の病院で余命宣告を受けた患者でも治せるだけの医療設備と技術が集約されているものです。
 がんが原因で腸閉塞が発生した場合、そうした病院を見つけることが重要なのです。

 

 次の記事はこちらです。
 腸閉塞の手術!その入院期間はどれくらい?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。