腸閉塞 症状 便

腸閉塞の症状と便の状態とは?

スポンサーリンク

 

 腸閉塞とは、食べ物などが小腸や大腸で詰まってしまった状態です。
 腸がねじれたり、腸同士が癒着して詰まるなどして突然に腹痛が起こります。

 

 代表的な症状では、急激な腹痛と吐き気や嘔吐が起こります。
 腸が詰まって肛門へと進めない腸の内容物が逆流するため嘔吐を催すほか、腸が張ることで腹痛が起きます。

 

 また、便秘気味の人では、固くなった便が原因で腸閉塞を起こす場合もあります。
 腸が詰まったとたんに激しい腹痛や嘔吐を発症し、痛みと治まるという緩急を繰り返す疝痛と呼ばれる症状が起こります。

 

 腸閉塞(イレウス)には、「単純性」と「複雑性」があります。
 単純性の原因は、開腹手術を行った後、腸管が癒着したことにより起こることがほとんどです。

 

 手術で開腹すると、術後に腸と腹膜や腹壁が癒着したり、腸同士がくっつくということが起こりやすく、癒着によってねじれや詰まりが起こることがあります。
 場合によっては手術をしなければならない場合もあるため、注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

 複雑性の場合は、腸重積や腸軸捻転・ヘルニアなどにより、腸が閉塞した症状です。
 激しい嘔吐や腹痛が起こり、緊急に処置を行わなければ命にかかわることもあります。

 

 腸閉塞は自然治癒することはなく、医療機関を受診して検査と治療を行うことが必要です。
 腸閉塞の治療に必ず行うことは絶飲食といって、飲食物をいっさい断つことからはじまります。
 その上で、イレウス管と呼ばれるチューブを入れて治療する方法と、開腹手術を行う方法がとられます。

 

 症状が緊急を要するものでない場合には、イレウス管を挿入して経過を観察する方法がとられます。
 イレウス管をいれることで、小腸にたまった腸液や残っている食物を吸いだすことで、小腸の腫れを回復することができます。
 この方法で回復しなければ、開腹手術が行われます。

 

 開腹手術をしたことのある人は、また腸閉塞になる可能性も秘めています。
 予防として、暴飲暴食を避け、便秘などが起こらないよう食生活に気をつけることです。
 お腹が張ったり、ガスが出にくいなどが起こったら、病院を受診しましょう。

 

 次の記事はこちらです。
 食べ物が原因となる腸閉塞とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。